ビットカジノの運営会社はどこなのか? 信頼できる会社なのか?

オンラインカジノを提供している会社は多くありますが、その多くは海外に拠点を置いています。これは日本では認められたもの以外のギャンブルが禁止されているためで、実際のところその他の国でも同様です。このためオンラインカジノを提供している運営会社は、ギャンブルとしてのカジノが認められている地域に本拠地を置き、またそのラインセンスを取得してサービスを提供しています。一方でオンラインカジノでは、サービスを提供している運営会社とゲームそのものを提供しているプロバイダーによって構成されています。ゲームそのものはプロバイダーが提供するものですが、お金のやりとりは運営会社を通じて行うというもので、ひとつのオンラインカジノにアカウントがあれば複数のプロバイダーでゲームを楽しむことができます。

ビットカジノは、その運営会社のひとつで、12社のプロバイダーと提携しています。ビットカジノとあるように、このオンラインカジノの特徴は決済にビットコインを使用していることです。一般的なオンラインカジノでは何らかの方法で送金を行いそこからチップを購入するなどし、そのチップを使ってゲームを楽しむというものですが、ビットカジノでは自社が発行しているビットコインを使って賭けることができます。特にオンラインカジノでは入出金の難しさが遊ぶときのネックとなるものですが、仮想通貨のビットコインを使うことで簡単に入出金することが可能です。

ビットカジノの運営会社は会社概要では「LuckboxEntLtd」で、所在地は「PletterijwegOost,AraHilltopBuilding,Curacao」となっています。この所在地はキュラソーと呼ばれる場所ですが、はじめて聞く地名という人も多くいると思いますが、このキュラソーというのはカリブ海にある島で、ベネズエラの北側にあるオランダ王国の領土です。もともとはオランダ領アンティルと呼ばれていたものですが、2010年にはオランダ王国の構成国となって現在に至ります。島の大きさとしては日本の種子島程度の小さな島で、以前は石油精製が盛んでしたが、特に大規模な産業があるわけではなく、このためタックスヘブンで企業の誘致を行っており、またギャンブルへのライセンスを発行しているなどビットカジノの運営会社もこのような関係からキュラソーに所在地を置いています。会社としては、正規のライセンスを取得しているので安心してオンラインカジノを楽しむことができます。