人気のオンラインカジノであるビットカジノではアルトコインも使えます

ビットカジノは、ビットコインで遊ぶことができる新世代のオンラインカジノとして、2013年に生まれました。匿名性の高い仮想通貨であるビットコインを使うことによって、面倒な本人確認手続きも必要なく、安心してゲームを楽しむことができます。

さらに、2017年からはアルトコインも使えるようになりました。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。現在、ビットカジノでは34種類のアルトコインが利用できるようになっており、その中にはイーサリアムやリップルといったメジャーなものもあれば、日本ではほとんど知られていないマイナーなものも含まれています。

アルトコインを使ってビットカジノを楽しむには、仮想通貨両替所を利用します。仮想通貨両替所とは、現金などを介さずに仮想通貨同士を交換できるオンラインサービスのことです。ビットカジノでは、Shapeshiftという両替所が使えます。

具体的な使い方は次の通りです。まずアカウントを開設し、登録したユーザー名とパスワードでログインすると、画面に入金ボタンが出てきます。ここで、「アルトコインでの入金」を選択してクリックすると、別ウィンドウでShapeshiftのページが表示されるので、入金したいアルトコインを指定します。連絡用メールアドレスの登録も求められますが、入力するかどうかは任意となっています。

入力が終わったら、画面の指示に従って仮想通貨を入金します。入金方法は、画面に表示されたQRコードを自分が普段使っている仮想通貨のウォレットから読み取るか、表示されたアドレス(30桁ぐらいのランダムな数列のコード)をウォレットの送金先アドレスにコピー&ペーストするかのいずれかです。これで送金した額が自分のアカウントに反映されれば、ゲーム内で使用できるようになります。

なお、入金に使用するアドレスは毎回変わるので、同じものを続けて使用することはできません。そのため、続けて入金を行う場合は同じアドレスを使い回すとエラーになるので、その都度入金ページから手続きを進めるようにします。

また、仮想通貨はブロックチェーンという分散型の認証技術を使って取引内容をチェックすることによって正当性が確保されるようになっています。そのため、利用者が少ないコイン、つまりマイナーな通貨だと入金手続きを行ってから金額が反映されるまでに時間がかかることがあるので注意が必要です。